お葬式 基本

お葬式の基本的なマナー


●通夜の服装

最近のお葬式の傾向は通夜が主体となり、葬儀・告別式は身内が中心となっています。
これは参列者の人数の変化によるものです  

通夜客は略礼服を着用します。

勤務帰りの男性であれば、ネクタイを喪服用に取り替えます。

勤務帰りの女性であれば、ゴールドなどの派手なアクセサリーなどははずします。

通夜式に列席することがわかっているのであれば、地味な服装で出勤をします。


●忌み言葉


弔問や会葬のおりには、不幸が続くことを嫌い、言葉遣いに気を付けます。
忌み言葉とは次のような重ね語です。  

「かえすがえすも」「くれぐれも」「たびたび」「重ね重ね」「いよいよ」「またまた」「次々」
「再三再四」「再び」「再度」「また」

音の印象から忌み言葉となったもの
「四」 死ぬに通じる
「九」 苦しむに通じる

生死を直接表現する  
「死ぬ」「死亡」


●お葬式・告別式に参列する
 

通夜に葬儀の主力が移っているとはいえ、葬儀・告別式は通夜より豊みがあります。
文字どおり、これが最後の別れとなります。
最大限の弔意を表明し、家族を激励したいものです。  

一般的に葬儀・告別式は引き続いて行われす。

よほどの用事 がない限り・会葬をしたら日吉のお見送りまで見届けたいものです。

式は多くの場合一時間の予定で進められます。

読経・焼香、 お別れ、出棺の挨拶がこの時間の間に行われます。

会葬者は係の誘導に従います。  

会場に到着後はまず受付を通ります。

通夜に参列し、記帳を済 ませた人はその旨を受付に申し出ます。

再度記帳を促された場合 はその指示に従います。  

焼香終了後は式場後方などで待機をします。

僧侶の読経終了後 は、家族義旗などによるお別れとなります。

会葬者全員がお別れをする場合もありますが、通常は家族・親族、特に親しかった友人が中心となります。  

お別れを済まされた遺体は、霊柩車に運ばれます。

会葬者はこ れを見守ります。  

この後、棺の式が行われ、喪主などから会葬お礼の挨拶があ ります。

この後故人と家族らは火葬場に向けて出発します。

会葬者は合掌をして見送ります。

お葬式 弔辞

弔辞の心得

●弔辞の読み方
 

遺族などから弔辞を依頼された場合は、なるべく引き受けるようにします。  

弔辞の内容は、故人と自分との関係性を先に述べ、故人の業績や人となりについて述べていきます。

抽象的な賛辞だけでは心に残らないものです。

具体的なエピソードを入れたほうが良いでしょう。

故人への感謝の言葉、遺族に対する激励の言葉も添え、故人と惜別します。  

弔辞は三分間程度の長さが良いでしょう。

できたら、事前に時間を計りながら行います。

弔辞の読み上げ者は、開式の十五分前には式場に到着するようにし、進行役 と打ち合わせを行います。

自分の座る場所、読み上げのタイミング、読み上げ後の弔辞の置 き場所などを確認します。  

弔辞は式後、遺族の手に渡り、長く保管されることになりますので、弔辞用の用紙(文具店や葬儀社に依頼)に丁寧に墨書します。

統計によれば、葬儀で感動をしたところは「弔辞・挨拶」という結果も出ております。

心をこめて書き、読み上げたいものです。  


弔辞の依頼例 

「生前、故人よりよく○○様のお話を伺っており、親しくご厚誼を賜りありがとうございました。

つきましては葬儀・告別式の当日にぜひ弔辞をいただけないものかと、喪主も相談の上でお願いするものですが、いかがでございましょうか?」

お葬式 参列者

参列者のマナー


●危篤の一報を受けて

危篤の一報を伝える対象は、家族や近親者がほとんどです。

これ以外の人に連絡をするということは、故人や家族と特別な関係があるか、それなりの事情があると思われます。  

知らせを受けたら、指定された場所へ一刻も早く駆けつけます服装にこだわることはありません。  

指定された場所へ着いたら、家族などの指示に従い、落ち着いて行動をとります。

病人と会う時も、取り乱したりすることのないように気をつけます。

また先々のことまで家族に口出しをするのは控えます。

何よりも家族の心情を汲み取ってあげることです。



●逝去の連結を受ける  

逝去の連絡を受けた場合、その人と故人との関わり方で対応が異なってきます。

真っ先に駆けつけなければならないのは、近親者と近所の方です。

それ以外の人は故人や家族との関係を考え、特に親しい間柄であればすぐに駆けつけます。

ただし長居をすることは避け、「ご連絡をいただき、取り急ぎお伺いさせていただきました。

お手伝いをすることがありまし たら何なりとお申し付けください」などと、簡単な弔問に止めます。

家族から故人とのお別れを勧められた場合は、それに従います。

勧めがない場合はそのまま弔問を済ませ、辞去します。



●弔問できない場合  

逝去の報を受けても、通夜や告別式に列席できない時は、通夜や告別式当日までに代理を立てることを先に考えます。

次に弔電や手紙で弔意を表すようにします。

代理となる人は、本人が弔問できない事情を伝え、告別式までには本人名の香典を持参します。

弔電は局番なしの二五番へ申し込みます。

配達時間の指定もでき、台紙も多種類用意されています。

文面も定型文が用意されています。(下記参照)

宛名は一般的には喪主宛となります。

喪主名が不明の時などは、 「故○○様御親族××様」とします。



電文例

「謹んで哀悼の意を表します」

「ご逝去を悼み・謹んでお悔やみ申し上げます」

「ご逝去を悼み、ご冥福をお祈り申し上げます」

「ご尊父様のご逝去を悼み・謹んでお悔やみ申し上げます」

「こ母堂様のこ逝去を悼み、謹んでお惰やみ申し上げます」

「ご逝去の報に接し・心からお悔やみ申し上げます」

「在りし日のお姿を偲び志からこ冥福をお祈り申し上げます」

「ご生前のご功績を偲び、心からご冥福をお祈り申し上げます」



弔電のポイント  

@遠方から冥福を祈る気持ちを伝える。  

A故人の人柄にふれた言葉をかける。  

B惜別の思いを伝える。  

C遺族へのいたわりの言葉を伝える。



相手の家族の主な敬称  

 ご尊父様、お父様、父上様  

 ご母堂様、お母様、お母上、母上様  

 ご夫君、ご主人様、だんな様  

 奥様、御奥様、ご令室様  

祖父 おじいさま  

祖母 おばあさま  

息子 ご子息(様)、ご令息(様)  

 お嬢様、ご息女(様)、ご令嬢(様)

お葬式 焼香

焼香の心得

●通夜での拝礼
 

読経中、僧侶の合図で喪主から焼香します。

通夜の焼香は抹香で行います。  

式場の前へ進み出て焼香を行う時は、前の人に続いて並び、順番を待ちます。

正面を向いて一礼後、喪主席にも一礼し焼香台の前に進みます。

軽く頭を下げた高さまでつまんだ抹香を香炉に静かに落とします。

これを三度繰り返し、正面と喪主席に一礼をし離れます。  

順番が回ってきたら拝礼をします。

「この度はご愁傷様です」 と一言挨拶。

焼香を終えたら、近所付き合いの関係なら退出してもかまいませんが、
知人・友人は僧侶が退席するまでは同席します。  


回し焼香と呼ばれる焼香は、席に着いたまま焼香をする方法です。

抹香の入った香炉が着席をした順に回り、その場で焼香をします。

抹香を三度つまんで香炉の中に落とします。

香炉は次の方に回します。


●女性の心得  

女性の場合は、指輪やネックレス、イヤリングなど装身具を身につけないのが普通です。  

香水もお香のにおいが立ちこめている会場にはふさわしくありません。

どうしても使いたい時は、香りの強いものは避けて、
オーデコロン程度のものを膝や足首などに控えめにつけます。  

ロングヘアはすっきりとまとめ髪にし、口紅はナチュラルカラ ーにします。

マニキュアはできるだけ避けるようにします。

お葬式 神式

神式での心得

●神式の拝礼  

神式の場合は、故人を命(みこと)・姫命(ひめのみこと)と崇めるため、
まず清浄であることが重んじられます。

手水(ち ょうず)の儀式という清めの儀式から始まり、
神が宿るという榊 (さかき)の枝を供える玉串奉実(ほうてん)を行います。


キリスト教での心得


●キリスト教の礼拝
 

キリスト教の葬儀では、神を請えることを重視しているため、
仏式の焼香にあたる儀式はありません。

日本では、仏式などのや り方にならい、献花を行い、別れを惜しみます。  

キリスト教では「哀悼」や「お悔やみ」などの言葉は使いません。

また、仏教で使う「成仏」「供養」「仏様」「冥福」などの言葉は、
神道、キリスト教ともに使いません。

お葬式 供花・供物

供花・供物の贈り方  

供花・供物は弔意のです。  

供花には生花と花輪があり、故人の霊を慰める意味と祭壇・斎場を飾る目的があります。

香典の代わりに供花・供物を贈るのが普通ですが、香典と切り離して供花を贈ることが一般的です。  

供花を贈る時には、遺族に「お花を贈りたいのですが」と問い合わせますが、
葬儀社がわかればそちらに問い合わせます。  

生花は式場のスペースの関係もあるので、せっかく贈っても飾 りきれない時があります。  

最近では「供花・供物はご辞退」も多いので注意を要します。

生花は通夜までに贈られなければ意味がありません。

時間が間に合わない時は贈らないという決断も必要になってきます。

果物を持った盛篭(もりかご)と呼ばれる篭は、黒白のリボンをかけ、カドに氏名を記入し、
奉書には「御供物」と書いて渡します。  

線香等の供物は仏式にのみ使います。

キリスト教などでは近親者だけが白い花を贈ります。  

供花・供物の申し込みにあたっては、贈り主の名前を間違えないように、請求先、申込者名、
電話番号などをFAXで送信し、電話でFAX送信が完了したことを確認した方が確実です。


●供花ご辞退とご厚志お断り

「供花ご辞退」は香典の辞退ではありません。

供花だけは受け取 りません、という意味です。

「ご璧心お断り」は、供花・供物・ 香典すべて辞退するという意味です。  

最近の葬儀では「供物」はめっきり減りました。

ほとんどが供花と香典になっています。

お葬式 礼拝

礼拝の心得

●礼拝の仕方  

仏式の礼拝では、通夜前の焼香もあります。  

通夜の前などに自宅へ焼香に伺う時は、
家族の勧めに応じて焼香用の机まで進みます。

この場合の多くは線香で焼香をすること になります。  

焼香用の机の前では一礼をし、線香を取り、ロウソクの灯を線香に移します。

線香に火が移ったのを確認してから、線香を下に 引くと線香の火は消えます。

息をかけて吹き消すことはタブーで す。  

香炉に線香を立てる時は、前の線香と重なないように、しっ かりと差し込みます。

再び合掌し、座位のまま一、二歩分後ずさ りをしてから立ち上がります。  

故人との対面を勧められたら、枕元まで進んで一礼します。

遺族が白い布を持ち上げてから、お別れをします。

自ら白布を取 り上げたりしないようにします。

お顔を見せていただいた後は、合掌し、一礼をします。

「安らかなお顔ですね」と一言お声をかけるようにします。

遺族から勧められない場合は、故人との対面は遠慮します。  

また、対面によって自分が取り乱しそうであれば、
「いまお会いするのはとてもつらいので遠慮させてください」 と、辞退してもかまいません。

お葬式 香典2

香典の心得(2)

●香典の書き方と包み方
 

香典は一個人で包むのか、企業代表として包むのか、複数で包 むのか、本人の代理が持参するのかによって、表紙の書き方が異 なります。  

香典には必ず中包みがあります。

中包みの表側の上部には香典 の金額を書きます。

裏側には、中央左下に住所と氏名を書きます。

水引は端が上を向いた結び切りにします。

裏の折り返しは、下を 向けます。

四名以上の場合は、中に名簿を入れるか、中包みにす べての氏名を書きます。  

書き込みは、正式には毛筆か筆ペンで行います。

ボールペンは 略式ですので、できれば避けたいものです。  

香典は、喪主側が香典返しをする際の婁な資料です。

住所・氏名・金額は、はっきりと書きましょう。

香典を郵送する場合には、現金書留封筒に香典を包みますが、その際にはお悔や み状も添えます。

お葬式 香典3

香典の心得(3)

●香典の渡し方と挨拶
 

香典は、通夜、告別式のいずれかに持参しますが、両方に出席 する人ほとんどが通夜に香典を渡しています。

その際には、で きる限り袱紗(ふくさ)から取り出して渡すようにします。

バッ グからむき出しのまま香典を渡すのは見苦しいものです。

ただ男性の場合は、喪服の内ポケットから取り出しても失礼にあ たりません。  

袱紗にも包み方があります。

袱紗を広げ、中央に香典をおきます。

右側の角をとり、内側にたたみます。

慶事とは逆に下側、上側の順にたたみます。

最後に左側をたたみます。  

渡す時には、袱紗から取り出し、表書きの文字を相手に向け、 両手で渡します。  

その際は、受付の方に「この度はご愁傷様でした、どうぞ御霊前にお供えください」と言葉を添えます。

お葬式 弔問と挨拶

弔問と挨拶

●通夜に弔問する
 

通夜は多くの場合、午後六時か、七時には開式されます。

弔間者は開式の十五分ほど前には到着することを心がけ、家族 に弔意と励ましの言葉をかけます。

弔問客が多い場合には、焼香で黙礼を交わすのが精一杯だった、ということにもなりかねません。

開式前の到着を心がけます。

受付で記帳をし、香典を差し出したら式場へと向かい、焼香の順番を待ちます。  

通夜式は小1時間程度で終了し、僧侶などが退席します。  

開式と同時にお清め(通夜ぶるまい)の席も用意されます。

焼香終了後は、喪家の勧めがあればこの席に加わります。


●遺族への挨拶 

焼香のおり、遺族に挨拶する言葉の例。

「この度はご愁傷さまです。心からお悔やみ申し上げます。 どうかお力を落とされませんよう」

「お取り込みでお疲れでしよう。お体に気を付けてくださいね」

「ご心中をお察し申し上げます。お慰みの言葉もございません」

「ご主人様とは特に親しくお付き合いをさせていただきました。 どうぞお力落しをなさいませんように」

「天寿とはいえお寂しくなられることでしょぅ。残念でございました。お悔やみ申し上げます」  

お清めの席は通夜終了後、1〜2時間でお開きとなりますが 、長居をしたり、大声で笑いあうなどは慎みます。

家族の心労を 察し、早めに切り上げます。

お葬式 服装

お葬式での服装

●葬儀・告別式での服装  

葬儀・告別式では、原則としてアクセサリーは身に付けないのがマナーです。

洋装・和装とも里藤で弔問します。

傘が必要なときは派手な柄は慎みます。

◎女性  

着物は、黒無地染め抜き五つ紋き、冬は羽一壷か一越ちりめ ん、夏は駒楢か平婦。
紋は実家か婚家の女紋を入れます。

半襟と足袋は白ですが、帯・帯締め・帯揚げ、草履、バッグはすべ て黒色です。

洋装は、黒無地のワンピース、スーツ、アンサンブ ルで、襟元を詰め、袖は長めにします。

ストッキングも黒にします。  

最近では、和装がめっきり少なくなり、女性の和装も影を潜め ました。

遺族以外はむしろ略礼装が普通です。

和装の略礼装は、 一つ紋か三つ紋の地味な色無地に黒の帯締め、帯揚げ、草履、黒 のバッグになります。

四十九日忌の法要もこれに準じます。  

洋装の場合は、派手なものでなければ失礼に当たりません。

ス トッキングは黒色ではなく肌色が多くなっています。

◎男性  

男性の正式和装礼装は、ほんど見られなくなりました。

正式礼装は、慶弔と同じで、窯羽二重染め抜き五つ紋の着物と羽織に、 仙台平または博多平の袴を着けます。

帯は角帯で、袴の紐は一文字に結びます。  

洋装での正式礼装は、黒のモーニングコートです。

いわゆるブ ラックスーツですが、喪主及び遺族、葬儀委員長が着用します。  

略式礼装は、濃紺の無地、靴下も黒、がマナーです。

つまり地味な色ならば、ネクタィだけ黒にすれば、略式礼装は整えられます。  


お子さんの場合は、学校制服があればそれを着用しますが、冬場は黒または濃紺系統の服装を、夏場は自系統にしてかまいませ ん。

お葬式 香典1

香典の心得(1)

●香典・不祝儀袋の種類
 

香典とは、故人にたむけるお香を持参する代わりに、金銭を包 むという仏式用語です。  

喪主側の出費を思いやる意味合いもあり、通夜か告別式のいずれかに用意するのが這的です。

香典は不祝儀袋で包みますが、宗教・宗派によって異なります。

また、金額によって袋の紙質が異 なり、高額を包むほど格が高くなります。

共   通 御霊前(ただし蓮の花模様があれば仏式です)
仏   式 御香料
神   式 御玉串料
キリスト教 お花料(カトリク、プロテスタント共通です)

*仏式なら四十九日忌までは「御霊前」、それ以後は「御仏前」 とします。

ただし、亡くなると同時に仏になるとする浄土真宗は、四十九日忌前でも「御仏前」を使います。

宗派がわからない場合は「御香料」とします。  

*香典の額により不祝儀袋の紙質が変わりますが、神経を使う 必要はなくなっています。  

三〜五千円 棄民に水引が印刷された陪式。  
一〜二万円 空尾に里員の水引。  
三万円    高級和紙に銀の水引。  
十万円    古撮和紙に、ひだ折りの大判    

*四千円や九千円という「死」や「苦」を連想させる金額は慎みましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。