お葬式 参列者

参列者のマナー


●危篤の一報を受けて

危篤の一報を伝える対象は、家族や近親者がほとんどです。

これ以外の人に連絡をするということは、故人や家族と特別な関係があるか、それなりの事情があると思われます。  

知らせを受けたら、指定された場所へ一刻も早く駆けつけます服装にこだわることはありません。  

指定された場所へ着いたら、家族などの指示に従い、落ち着いて行動をとります。

病人と会う時も、取り乱したりすることのないように気をつけます。

また先々のことまで家族に口出しをするのは控えます。

何よりも家族の心情を汲み取ってあげることです。



●逝去の連結を受ける  

逝去の連絡を受けた場合、その人と故人との関わり方で対応が異なってきます。

真っ先に駆けつけなければならないのは、近親者と近所の方です。

それ以外の人は故人や家族との関係を考え、特に親しい間柄であればすぐに駆けつけます。

ただし長居をすることは避け、「ご連絡をいただき、取り急ぎお伺いさせていただきました。

お手伝いをすることがありまし たら何なりとお申し付けください」などと、簡単な弔問に止めます。

家族から故人とのお別れを勧められた場合は、それに従います。

勧めがない場合はそのまま弔問を済ませ、辞去します。



●弔問できない場合  

逝去の報を受けても、通夜や告別式に列席できない時は、通夜や告別式当日までに代理を立てることを先に考えます。

次に弔電や手紙で弔意を表すようにします。

代理となる人は、本人が弔問できない事情を伝え、告別式までには本人名の香典を持参します。

弔電は局番なしの二五番へ申し込みます。

配達時間の指定もでき、台紙も多種類用意されています。

文面も定型文が用意されています。(下記参照)

宛名は一般的には喪主宛となります。

喪主名が不明の時などは、 「故○○様御親族××様」とします。



電文例

「謹んで哀悼の意を表します」

「ご逝去を悼み・謹んでお悔やみ申し上げます」

「ご逝去を悼み、ご冥福をお祈り申し上げます」

「ご尊父様のご逝去を悼み・謹んでお悔やみ申し上げます」

「こ母堂様のこ逝去を悼み、謹んでお惰やみ申し上げます」

「ご逝去の報に接し・心からお悔やみ申し上げます」

「在りし日のお姿を偲び志からこ冥福をお祈り申し上げます」

「ご生前のご功績を偲び、心からご冥福をお祈り申し上げます」



弔電のポイント  

@遠方から冥福を祈る気持ちを伝える。  

A故人の人柄にふれた言葉をかける。  

B惜別の思いを伝える。  

C遺族へのいたわりの言葉を伝える。



相手の家族の主な敬称  

 ご尊父様、お父様、父上様  

 ご母堂様、お母様、お母上、母上様  

 ご夫君、ご主人様、だんな様  

 奥様、御奥様、ご令室様  

祖父 おじいさま  

祖母 おばあさま  

息子 ご子息(様)、ご令息(様)  

 お嬢様、ご息女(様)、ご令嬢(様)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。