お葬式 服装

お葬式での服装

●葬儀・告別式での服装  

葬儀・告別式では、原則としてアクセサリーは身に付けないのがマナーです。

洋装・和装とも里藤で弔問します。

傘が必要なときは派手な柄は慎みます。

◎女性  

着物は、黒無地染め抜き五つ紋き、冬は羽一壷か一越ちりめ ん、夏は駒楢か平婦。
紋は実家か婚家の女紋を入れます。

半襟と足袋は白ですが、帯・帯締め・帯揚げ、草履、バッグはすべ て黒色です。

洋装は、黒無地のワンピース、スーツ、アンサンブ ルで、襟元を詰め、袖は長めにします。

ストッキングも黒にします。  

最近では、和装がめっきり少なくなり、女性の和装も影を潜め ました。

遺族以外はむしろ略礼装が普通です。

和装の略礼装は、 一つ紋か三つ紋の地味な色無地に黒の帯締め、帯揚げ、草履、黒 のバッグになります。

四十九日忌の法要もこれに準じます。  

洋装の場合は、派手なものでなければ失礼に当たりません。

ス トッキングは黒色ではなく肌色が多くなっています。

◎男性  

男性の正式和装礼装は、ほんど見られなくなりました。

正式礼装は、慶弔と同じで、窯羽二重染め抜き五つ紋の着物と羽織に、 仙台平または博多平の袴を着けます。

帯は角帯で、袴の紐は一文字に結びます。  

洋装での正式礼装は、黒のモーニングコートです。

いわゆるブ ラックスーツですが、喪主及び遺族、葬儀委員長が着用します。  

略式礼装は、濃紺の無地、靴下も黒、がマナーです。

つまり地味な色ならば、ネクタィだけ黒にすれば、略式礼装は整えられます。  


お子さんの場合は、学校制服があればそれを着用しますが、冬場は黒または濃紺系統の服装を、夏場は自系統にしてかまいませ ん。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。