お葬式 香典1

香典の心得(1)

●香典・不祝儀袋の種類
 

香典とは、故人にたむけるお香を持参する代わりに、金銭を包 むという仏式用語です。  

喪主側の出費を思いやる意味合いもあり、通夜か告別式のいずれかに用意するのが這的です。

香典は不祝儀袋で包みますが、宗教・宗派によって異なります。

また、金額によって袋の紙質が異 なり、高額を包むほど格が高くなります。

共   通 御霊前(ただし蓮の花模様があれば仏式です)
仏   式 御香料
神   式 御玉串料
キリスト教 お花料(カトリク、プロテスタント共通です)

*仏式なら四十九日忌までは「御霊前」、それ以後は「御仏前」 とします。

ただし、亡くなると同時に仏になるとする浄土真宗は、四十九日忌前でも「御仏前」を使います。

宗派がわからない場合は「御香料」とします。  

*香典の額により不祝儀袋の紙質が変わりますが、神経を使う 必要はなくなっています。  

三〜五千円 棄民に水引が印刷された陪式。  
一〜二万円 空尾に里員の水引。  
三万円    高級和紙に銀の水引。  
十万円    古撮和紙に、ひだ折りの大判    

*四千円や九千円という「死」や「苦」を連想させる金額は慎みましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。