お葬式 香典2

香典の心得(2)

●香典の書き方と包み方
 

香典は一個人で包むのか、企業代表として包むのか、複数で包 むのか、本人の代理が持参するのかによって、表紙の書き方が異 なります。  

香典には必ず中包みがあります。

中包みの表側の上部には香典 の金額を書きます。

裏側には、中央左下に住所と氏名を書きます。

水引は端が上を向いた結び切りにします。

裏の折り返しは、下を 向けます。

四名以上の場合は、中に名簿を入れるか、中包みにす べての氏名を書きます。  

書き込みは、正式には毛筆か筆ペンで行います。

ボールペンは 略式ですので、できれば避けたいものです。  

香典は、喪主側が香典返しをする際の婁な資料です。

住所・氏名・金額は、はっきりと書きましょう。

香典を郵送する場合には、現金書留封筒に香典を包みますが、その際にはお悔や み状も添えます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。