お葬式 供花・供物

供花・供物の贈り方  

供花・供物は弔意のです。  

供花には生花と花輪があり、故人の霊を慰める意味と祭壇・斎場を飾る目的があります。

香典の代わりに供花・供物を贈るのが普通ですが、香典と切り離して供花を贈ることが一般的です。  

供花を贈る時には、遺族に「お花を贈りたいのですが」と問い合わせますが、
葬儀社がわかればそちらに問い合わせます。  

生花は式場のスペースの関係もあるので、せっかく贈っても飾 りきれない時があります。  

最近では「供花・供物はご辞退」も多いので注意を要します。

生花は通夜までに贈られなければ意味がありません。

時間が間に合わない時は贈らないという決断も必要になってきます。

果物を持った盛篭(もりかご)と呼ばれる篭は、黒白のリボンをかけ、カドに氏名を記入し、
奉書には「御供物」と書いて渡します。  

線香等の供物は仏式にのみ使います。

キリスト教などでは近親者だけが白い花を贈ります。  

供花・供物の申し込みにあたっては、贈り主の名前を間違えないように、請求先、申込者名、
電話番号などをFAXで送信し、電話でFAX送信が完了したことを確認した方が確実です。


●供花ご辞退とご厚志お断り

「供花ご辞退」は香典の辞退ではありません。

供花だけは受け取 りません、という意味です。

「ご璧心お断り」は、供花・供物・ 香典すべて辞退するという意味です。  

最近の葬儀では「供物」はめっきり減りました。

ほとんどが供花と香典になっています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。