お葬式 基本

お葬式の基本的なマナー


●通夜の服装

最近のお葬式の傾向は通夜が主体となり、葬儀・告別式は身内が中心となっています。
これは参列者の人数の変化によるものです  

通夜客は略礼服を着用します。

勤務帰りの男性であれば、ネクタイを喪服用に取り替えます。

勤務帰りの女性であれば、ゴールドなどの派手なアクセサリーなどははずします。

通夜式に列席することがわかっているのであれば、地味な服装で出勤をします。


●忌み言葉


弔問や会葬のおりには、不幸が続くことを嫌い、言葉遣いに気を付けます。
忌み言葉とは次のような重ね語です。  

「かえすがえすも」「くれぐれも」「たびたび」「重ね重ね」「いよいよ」「またまた」「次々」
「再三再四」「再び」「再度」「また」

音の印象から忌み言葉となったもの
「四」 死ぬに通じる
「九」 苦しむに通じる

生死を直接表現する  
「死ぬ」「死亡」


●お葬式・告別式に参列する
 

通夜に葬儀の主力が移っているとはいえ、葬儀・告別式は通夜より豊みがあります。
文字どおり、これが最後の別れとなります。
最大限の弔意を表明し、家族を激励したいものです。  

一般的に葬儀・告別式は引き続いて行われす。

よほどの用事 がない限り・会葬をしたら日吉のお見送りまで見届けたいものです。

式は多くの場合一時間の予定で進められます。

読経・焼香、 お別れ、出棺の挨拶がこの時間の間に行われます。

会葬者は係の誘導に従います。  

会場に到着後はまず受付を通ります。

通夜に参列し、記帳を済 ませた人はその旨を受付に申し出ます。

再度記帳を促された場合 はその指示に従います。  

焼香終了後は式場後方などで待機をします。

僧侶の読経終了後 は、家族義旗などによるお別れとなります。

会葬者全員がお別れをする場合もありますが、通常は家族・親族、特に親しかった友人が中心となります。  

お別れを済まされた遺体は、霊柩車に運ばれます。

会葬者はこ れを見守ります。  

この後、棺の式が行われ、喪主などから会葬お礼の挨拶があ ります。

この後故人と家族らは火葬場に向けて出発します。

会葬者は合掌をして見送ります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。